看護部はPNSで看護を実践しています|パートナーシップ・ナーシング・システム

東北公済病院
東北公済病院
東北公済病院 看護部
お問い合わせ
東北公済病院
クリックでジャンプ 文字サイズ 文字のサイズを拡大にする 文字のサイズを標準の大きさにする 文字のサイズを縮小にする
HOME 看護部概要 教育・研修 活動紹介 採用情報 トピックス
東北公済病院
東北公済病院TOP看護部HOME > 看護部はPNSで看護を実践しています
Partnership Nursing System
東北公済病院 看護部はPNSを採用しています。

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)とは…

PNSは、2009年に福井大学病院で独自に開発した看護方式です。
看護師の経験年数に関わらず、1人で複数の患者を受け持ちながら展開してきたこれまでの看護を、2人の看護師が複数の患者を受け持ち看護展開し、互いに補完し相乗効果を発揮しながら、その責任と成果を共有し、安心で安全な質の高い看護を提供するという看護方式です。
【定義】
看護師が、安全で質の高い看護を共に提供することを目的に、主任看護師を核(コア)としたグループの中で、互いに良きパートナーとして、対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合って、その責任と成果を共有する看護体制。
PNS委員会メンバー

東北公済病院 Partnership Nursing System 研修

※COVID-19の状況をふまえ、しばらく休止します。
PNS研修
目的 パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)の実際を看護現場で体験・学習し、自施設でのPNS導入・向上に役立てる。
日時 1か月前までに希望日をご相談ください。
研修費用 研修生1日1名につき2,000円+消費税
持ち物 白衣、名札、ナースシューズ、筆記用具他
宿泊 2日研修で宿泊が必要な場合は各自で手配してください。
更衣室 職員更衣室のロッカーを使用(貴重品はロッカーに施錠し保管)
昼食 ご自身でご準備ください。(院内にコンビニエンスストアがございます。)
研修内容 【1日コース】
8:15 集合し更衣室案内 オリエンテーション
8:30〜12:00 PNSペアにシャドウイング
12:00〜13:00 昼食
13:00〜13:15 看護部長あいさつ・PNS導入の経緯
13:20〜 リシャッフル他
13:40〜14:00 病棟カンファレンス参加
14:00〜15:30 PNSペアにシャドウイング
15:30〜16:00 PNSの基本(講義)
16:00〜17:00 意見交換

【2日コース】
  ー1日目ー
14:00〜15:00 オリエンテーション 看護部長あいさつ・PNS導入の経緯
15:00〜16:00 PNSの基本と委員会活動について(講義)
16:00〜16:30 実習病棟紹介(質問等) 更衣室案内

  ー2日目ー
〜8:30 更衣し病棟へ
8:30〜12:15 PNSペアにシャドウイング
12:15〜13:15 昼食
13:20〜14:10 リシャッフル他
14:10〜16:00 PNSペアにシャドウイング
16:00〜17:00 意見交換

申し込み方法 【Step1】 以下のアドレスへ研修希望コースと日程を第3希望まで(人数も)
      記入の上、送付してください。
(例) 第1希望 1日コース 1月1日 3名
第2希望 2日コース 2月1日〜2月2日 3名
第3希望 2日コース 3月1日〜3月2日 3名
      日程調整の上、10日以内にメールにて回答いたします。

【Step2】 回答のメールに「研修申し込み書」を添付しますので、ご記入の上
      返信してください。
      また、研修費の振込先についてご案内いたしますので、
      期日までのお振込みをお願いいたします。

【お問い合わせ・ご連絡先】
      〒980-0803 仙台市青葉区国分町2丁目3-11
      国家公務員共済組合連合会 東北公済病院看護部
      TEL: 022-227-2211(内線 2360)
      E-mail: kyouiku@tohokukosai.com

2人で行う安全と安心の看護の提供

情報収集・アセスメント・看護計画


看護実践


リシャッフル


フレッシュパートナー

入職直後の新人とペアは、3人で業務にあたります。
フレッシュパートナー 1年目スタッフ
入職当初は仕事の内容や動き方がわかりませんでしたが、パートナーの先輩方に教えて頂きながらひとつひとつ覚えていくことが出来ています。パートナーと行う看護技術チェックでは、自分の課題が明確になり、先輩に認めて頂いた技術は自信に繋がっています。分からないことがないかよくパートナーには声を掛けていただき、見守ってもらえていると実感できているので、安心して働くことが出来ています。
先輩スタッフ 育児休暇明けでの復帰は不安も大きかったのですが、PNSを導入しているおかげで、常にパートナーと相談し2人で確認しながら業務を分担できるので安心して、より質の高い看護を提供できると思います。現在は時短勤務で働いていますが、残務があったとしてもパートナーがいるからこそ他の人に仕事をお願いすることがありません。 また次勤務者への申し送りもお願いできるため、時間で仕事を終えることが出来るので、子育てをしながらでも働きやすい環境です。
フレッシュパートナー

働くスタッフの声

手術室 1年目スタッフ
PNSパートナーと1日のスケジュールや業務における不安な点を気軽に相談できるため、安心して働ける環境であると共に、安全な看護の提供にもつながっていると感じています。日々自分の未熟さに落ち込むことが多いですが、先輩は出来ている点も見て伝えてくれるため、達成感やモチベーションの向上にも繋がり少しずつ成長できていると感じています。まだまだパートナーの先輩に頼ってばかりですが、先輩の技術を近くで学べるため、専門職として自立していきたいと思います。
先輩スタッフ フレッシュパートナーとして後輩と関わっています。一緒に悩んだり考えたりしながら働くことで、後輩が日々成長していく過程を実感できています。私自身、今まで教えて頂いた知識や技術の再確認や、技術のレベルアップの良い機会となっています。PNSで働くことは、後輩そして私も成長できるものであると思います。

母子センター 1年目スタッフ
入職当初は毎日が初めての事ばかりで不安でいっぱいでした。自分自身の技術の未熟さや知識不足に悩むこともありました。しかしPNSのおかげでパートナーの先輩と、出来ている所や課題を振り返り日々の自信と活力になっています。PNSパートナーの先輩だけではなく、毎日のペアの先輩、またチームの先輩方にも見守っていただき、困った時はいつでも相談できる安心感の中で働く喜びとやりがいを感じています。
先輩スタッフ 入職して3年が経ち、フレッシュパートナーとして後輩と関わるようになりました。後輩へ指導する中で自分自身が日々の看護を振り返り学ぶ機会が多くあります。当院ではPNSを実践しているため、不安な事があればパートナー、またペアの先輩に細かく相談、報告が出来ます。そのため安心して患者さんへ看護を提供することができ、自分の自信や技術の向上にも繋がっていることを実感しています。

5階南病棟 1年目スタッフ
入職したばかりですがPNSパートナーの先輩に分からないことを相談し、慣れていない技術は見守りをしていただいています。先輩の方からも「困っている事はない?」と声を掛けて頂いているので、安心して働くことが出来ています。看護の事はもちろん、挨拶など社会人としての基本も学び、人として成長できているように感じています。
先輩スタッフ フレッシュパートナーとして後輩と関わっています。どのように指導すればよいか、患者さんのケアをどのように支援していったらよいか悩むことも多いですが、当院ではPNSを取り入れているため、パートナーの先輩やまた他のスタッフから助言を頂き、病棟全体で後輩の育成を行っています。

地域包括ケアセンター 先輩スタッフ
育児休業から復帰し病棟勤務は5年ぶりでした。2人の子育てをしながら新しい部署で働くことへの不安がありましたが、PNSのおかげで常にパートナーと確認しながら勤務を行うことが出来ています。患者さんのことで気軽に相談できるパートナーがいるため、日々安心して働くことが出来ています。
ページのトップに戻る ページのトップに戻る
東北公済病院TOPHOME看護部について教育・研修活動紹介採用情報
東北公済病院
東北公済病院
東北公済病院
Copyright(c) 2002-2009 TOHOKU KOSAI HOSPITAL. All Rights Reserved.